読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きって言えない!30代の少女漫画シネマレビュー

毎週土曜日、更新!レクター&クラリスによる30本の胸キュンレビューです

第9回 「海街diary」を30代男女が勝手にレビュー 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず

2015年公開映画
監督 脚本 是枝裕和
配給 東宝・ギャガ 公開 2015年
出演 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず
クラリスのレビュー

生まれ変われるなら誰を選ぶ?
 母親の違う妹が10代の美少女で、それを美人3姉妹で可愛がるという、うひゃッひょい!夢のような設定。しかも江ノ電の走る海の近く、古い家にみんなで住んでいるなんて。ごちそうさまです。
 綾瀬はるかは「八重の桜」の八重姉ちゃん、長澤まさみは「モテキ」のビッチ路線、夏帆は「天然コケッコー」にサブカルの香りを足して、広瀬すずは演技の初々しさが知らない家族に入っていく妹そのまま。と、女優の新しい面を引き出したかと言うとそうでもないとは思いますが、美人ばかりだからいいかぁとニヤニヤしました。女優マジックにかかった者勝ちですね。
 もうこの世にいない、不在の父親を介して4姉妹はつながり、それぞれの男関係も出てくるものの男は間接的な存在で人生の舵は女が取る。かと言って女が実在的かと言うとポッキー3姉妹かガーナCMの延長線のような絵空事に見えるし、足場がない不思議な映画です。写実的なイメージのある是枝監督ですが、実はファンタジーの人なのかなと思いました。

胸キュン度 40% 自転車のシーン。前田(弟)がもう思春期ということにびっくりですね
共感度 20% ふにゃふにゃに泣いてた中村優子がピシッとするとこ。奥さんが病気で別れられないとこ。女あるあるだよね
寸止めドキドキ度 1% ドキドキするとしたら、まさみの足?
山あり谷あり度 20% そんなに山はないかな、小さなエピソードの重なりなので
俳優の魅力 70% 美人は大きい画面に耐えうる


レクターのレビュー

テレビドラマ演技はクセになってしまうのか
とにかく気になるのが芝居。綾瀬はるか長澤まさみの芝居。どう見てもテレビドラマの記号的で表層的な芝居にしか見えない。もう、これでいいと思い込んで過ごしてきた人達を今から矯正するのは不可能・・・とまではいかなくても、大変な労力がかかるんだろうなと思う。例えば、リハーサルのために長期間の合宿を行なうとか。でも、超売れっ子に対してそんなジョン・カサヴェテスみたいな方法論ははなから無理だろうし。ただ本作の場合、是枝監督らしいリアリズム重視の演出と、彼女らの芝居の薄っぺらさが明らかに乖離している。綾瀬はるか長澤まさみのシーンだけ、映画じゃなくてテレビドラマを見ているみたい(本作はもともとテレビドラマの企画だったという)。テレビドラマをバカにするのか、と怒られそうですが、バカになどしていません。薄っぺらいと言っているだけです。評判の広瀬すずちゃんは、そもそも芝居をしていない人にしか見えませんでした。美人は芝居をしなくてもいい、という考え方もあるでしょうが、それは『海街diary』原作に誠実だと言えるのでしょうか?

胸キュン度 5% 感想がない
共感度 5% 姉妹の行動が「なんとなく」流れていく
寸止めドキドキ度 1% そういう映画でもない
山あり谷あり度 10% ゆるいショットが続き、画面にドラマが生まれない
俳優の魅力 10% みなさんいつもどおり

www.youtube.com
umimachi.gaga.ne.jp