読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きって言えない!30代の少女漫画シネマレビュー

毎週土曜日、更新!レクター&クラリスによる30本の胸キュンレビューです

第14回「植物図鑑」を30代男女が勝手にレビュー

2016年公開映画

今回の原作は小説で少女漫画ではないので、本来は番外編にしないといけないのですが「甘く切なく、最高にキュンとなる純愛映画」とうたっている映画なのでブログの主旨を踏まえて30本の中に入れることにしました。
ご了承ください。

監督 三木康一郎 脚本 渡辺千穂
配給 松竹 公開 2016年
主演 岩田剛典 高畑充希
クラリスのレビュー

実はご飯映画だったんですね。まずは普通のご飯練習しようよ
 そういう話と知ってはいたけど「自転車置き場で倒れてた男の子を部屋に泊めてあげる」という物語の始まりに度肝を抜かれ、ダメー!と叫びそうになりました。お腹が空いて一歩も動けないと言うけど君、髪ツヤッツヤでカラーリングばっちりだね?絶対、女の部屋に上がり込むことを商売にしてる人だ。寝静まった頃に内側から鍵を開け屈強な男たちが入ってきて酷い目に遭わされる怖い。と夜道を何度も振り返りながら歩くタイプの私はヒヤヒヤしましたが、朝起きたら涼しい顔をして男は朝ご飯を作ってくれるのです。うらやましいやないか。
 「お嬢さん。泊めてもらったお礼に、してさしあげましょう」って言うかと思ったけど、そんなことはなく出て行こうとする男を必死で引き留める主人公。会ったばかりで一緒に住んでなんてよっぽど・・でも男は手を出してこないので、なんでしてくれないの状態で主人公、暴走。そんな子が急に男が消えたらどうなっちゃうか、男性はよく見ておいた方がいいですね。別れ際って大事。

胸キュン度 30% 一般的な男女のロールモデルと逆の生活が自然にできる、優しい男に愛されたら幸せだよねっていう女の夢
共感度 60% 嫉妬や尾行はされたら嫌だから、私は人にもしないように自分を律してますよ。けど、しちゃう気持ちは分かる
寸止めドキドキ度 70% 先延ばしされると、いつ来るのかとドキドキ。同性愛者かもしれないから確かめた方がいいとは思う
山あり谷あり度 10% 設定が非現実過ぎて山には登り損ねましたが、笑い飛ばすのが正解かと
俳優の魅力 10% 「彼氏は欲しいけど絶対にアナタではない」捨て駒感がすごかったホリプロ阿部丈二と、ダンカンのパワハラっぷり


レクターのレビュー

1800円払って見せられた女性向けAV
ごく控えめに言って、脳が腐るかと思って見ていた。このブログで取り上げてきた映画の中でも群を抜いて酷い。最早、日本映画とはかつて映画と呼ばれていたもののフォーマットを借りて行なわれる巨大なコマーシャルでしかないのだと改めて実感。
飯のアップが多いのはクッキング番組と同じだから。俳優の顔のアップが多いのは女性向けAVにおける鈴木一徹と同じだから。クッキング番組や女性向けAVや鈴木一徹が悪いわけではない。だが、それらを1800円払って見たいわけではないのだ。
登場人物の行動に理由はなく、男が急に消えたのはまるっきり意味が分からない。そして恋人が失踪したのに1年間も名前をググりさえしなかった女は情弱を超えて白痴なんじゃなかろうか。クライマックスに向って登場人物のIQが犬以下になるのは日本映画で見慣れた風景である。公式HPを見れば、キャンパスノート風の字体と背景。あれ、女性誌でよく見かけるやつだ。俺、あれ死ぬほど嫌いなんだ。オシャレで独創的だと思っているかしらんが、あんなのみんなやってるからね!
<数値は採点不可>

shokubutsu.jp
www.youtube.com