読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きって言えない!30代の少女漫画シネマレビュー

毎週土曜日、更新!レクター&クラリスによる30本の胸キュンレビューです

第24回「花より男子ファイナル」を30代男女が勝手にレビュー

監督 石井康晴 脚本 サタケミキオ
配給 東宝 公開 2008年
主演 井上真央 松本潤
クラリスのレビュー

8年前だけど役者の印象はあまり変わりませんね。アンチエイジング
 ラスベガスや無人島、京都っぽい屋敷など、ロケーション撮影が見どころですが、ドラマでおなじみのやつを豪華な風景で撮って見ました感がこれみよがし。盗まれたティアラを取り返すべく二人で旅に出て苦難を乗り越えるという大筋で、二人の愛を試すため誰かが大金で窮地を作っているのだなと分かる親切設計です。
 二人の結婚に必要なティアラを探す旅の間、主人公つくしは「このまま結婚していいのか」と悩みます。お相手の道明寺はニヤリと笑うAKIRAを追いかけて走ったり、カジノで大金をかけたり、人に怒鳴ったりするだけでいいところなし。1番の危機「クマに襲われる」は、つくし自身が得意のパンチで撃退。上半身裸で「愛してる」と言われても結婚やめた方がいいとしか思えません。つくしは「みんなに助けてもらってうれしい」て泣くけど、私これなんて言うか知ってる、マッチポンプ。女を殴った後に痛かっただろ、ごめんねとやさしくする男と同じですね。映画1本見終わった感想、つくし、別れた方がいいよ!

胸キュン度 0% 道明寺の暴言はDVレベルで気分が悪い。他の男と話してただけで浮気と騒ぎ立てる男は私の視界から消えて
共感度 0% 恋愛して結婚して子供できるのが1番幸せっていう価値観を押し付ける映画に共感できない
寸止めドキドキ度 0% 最後にキスシーンをとっておくために、長い旅行なのに一度も同衾しないの。不自然
山あり谷あり度 5% 金持ちが仕掛けた遊びって分かってるから試練にドキドキしないし、そもそも試練になっていない
俳優の魅力 20% 原作もドラマも見てない私でも、それぞれのキャラに愛着がわくのは分かります


レクターのレビュー

お休みです。

www.tbs.co.jp